松平定信などについて勉強した

勉強をしました。17世紀後半には、村むらの代表者が百姓たちを代表して領主に直接訴える一揆が増えました。そのなかでは下総の佐倉惣五郎のように、一揆の代表者が義民として伝説化されたものもいます。18世紀半ばになると、広い地域の百姓が連合する大規模な一揆が各地で見られました。1732年に、西日本一帯でおこりました。いなごの発生などによる享保の飢饉は、人びとの生活に打撃をあたえました。村むらは荒廃し、百姓のなかには養う子の数を減らすために、間引きをしたり、村から逃げ出したりするものが増えました。1782~87年の東北地方の冷害にはじまる天明の飢饉の被害も大きかったそうです。百姓一揆がおこり、飢饉と物価の上昇が都市貧民にのしかかってくると、米商人や大商人の家をおそう打ちこわしが発生し、田沼意次失脚の原因の1つとなりました。1787年には、江戸・大坂などで天明の打ちこわしがおこりました。天明の打ちこわしの直後、11代将軍徳川家斉をたすけて老中になったのは、徳川吉宗の孫にあたる松平定信です。松平定信は田沼意次時代の政治を改め、徳川吉宗の政治を理想として、幕政改革にとり組みました。これを寛政の改革とよんでいます。