ビーフシチューを食べた

晩ごはんを食べました。コンビニで買ってきたビーフシチューを食べました。ビーフシチューは、久しぶりに食べました。牛肉、じゃがいもが入っていました。電子レンジで温めて食べるビーフシチューでした。電子レンジで温めただけでビーフシチューを食べることができますし、牛肉がすごくやわらかくて高級レストランで食べたような味でした。そして、しばらくしてからたこ焼きを食べました。お好みソース、マヨネーズ、かつおぶし、青のりがかかっていました。1口でも食べれる小さいサイズのたこ焼きでした。そして、勉強をしました。南蛮人が日本にもたらしたもうひとつのものは、キリスト教です。当時、ヨーロッパでは宗教改革が行われて、プロテスタントの勢力がのびたため、これに対抗してカトリック側でも改革と勢力回復がすすめられていました。その一環として、イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルが鹿児島にやってきたのです。その後、宣教師が来日し南蛮寺(教会堂)をたてたり、病院や育児院を設けたりしながら布教活動を行いました。その結果、西日本各地の信者数は急速に増え、ザビエル滞日中に1000人前後と推定される信者が、1582年には畿内と九州北部などで約15万人に達したといわれます。