舟を作っていました。

19時くらいから放送されているバラエティー番組を見ました。最初は、熊本県に行っていました。舟を作っていました。い草というのを使って舟を作っていました。壊れなかったので、すごいなと思いました。次は、海にいる生物をとったりしていました。来週もあったら見たいなと思いました。そして、勉強をしました。キリスト教が広まった理由としては、貿易をのぞむ大名たちが宣教師を保護したことがまずあげられます。大名のなかには、洗礼を受けてキリシタン大名となるものもありました。また、宣教師の熱心な布教も大きな力となりました。とくに宣教師のヴァリニャーニは教育施設をととのえ、キリシタン大名の大友義鎮らにすすめて、1582年に伊東マンショら4人の少年をローマ教皇のもとに派遣させました(天正遣欧使節)。こうしたヨーロッパ人との交易や宣教師の布教活動をとおして、南蛮の風俗も生活にとり込まれるようになりました。これらのなかには、現代でも衣服や食物の名に名残をとどめているものがありました。カステラ・パン・コンペイトウ・カッパなどがそれです。ヨーロッパの学術・技術ももたらされ、西洋画の影響を受けた南蛮屏風もえがかれました。また、宣教師の手によって活字印刷術が伝えられ、天草版とよばれる出版も行われました。